2019 ものづくり企業 展示・商談会に出展しました。

posted in: お知らせ | 0

11月12日(火) 栃木県宇都宮市のマロニエホールで開催された「ものづくり企業展示商談会2019」に参加しました。

日ごろお世話になっておりますメーカー様を始め、昨年の展示会で知り合ったメーカー様など多くのお客様とご挨拶をさせていただきました。

弊社が作る部品に派手さはありませんが、機能に合わせた個性ある製品を紹介させていただきお客様からは大変好評をいただきました。今回のこの出会いがお客様にとって価値ある出会いとなり、また私達にとっても新しいビジネスの縁が結ばれれる機会となる事を願っております。

県推薦にてマッチング事業に参加

posted in: お知らせ | 0

11月7日(木) マレリ株式会社(旧カルソニックカンセイ株式会社)様とのマッチング事業に参加してきました。

今回、摺動性が良く摩耗の少ない特殊材料の紹介を中心に、メーカー様とお話をさせていただきました。

自動車のEV化にともない、車内がより静かになることで、今まで気づかなかった色々な音(ノイズ)への対策が急がれているとのことでした。
今回ご紹介した材料などを活用し、音(ノイズ)対策のお手伝いが出来ればと考えています。

2020年度社員募集のお知らせ

posted in: お知らせ | 0

社員と共に技術を磨く宇井精密製作所

技術は働く人の財産です。働く人にとっても、会社にとっても、お客様にとっても『技術』は決して裏切る事がありません。いま宇井精密製作所ではそうした『技術』を共に磨いてゆく『ひと』を求めています。
※ 中途・新卒者共に募集しております。入社時期等につきましてはご相談いただけます。

 海外移転出来ない技術を磨く

宇井精密製作所の生産製品には、常温において 1μ~ 2μの精度を要求される物が数多くあります。このμ(ミクロン/μmと同単位)というサイズは実に1/1,000,000 m(=1/1,000 ㎜)という顕微鏡サイズの世界です。例えばスギ花粉は 30μ、PM2.5は 2.5μ、そしてタバコの煙が 1μです。宇井精密製作所でそのPM2.5やタバコの煙サイズの精度の製品を製造しています。しかし樹脂部品の応用範囲が広がるにつれ加工精度への要求はますます高まり、ついにn(ナノ)レベルにまで至ろうとしています。そのような状況のなか「1桁μ(ミクロン)台の加工精度」で部品を生産できる宇井精密製作所の技術は益々お客様の問題解決に必要とされるようになり、東京所在の上場企業のお客様数社から直接取引をさせていただいております。

 女性が活躍できる職場だから

更に宇井精密製作所には技術に肩を並べる大きな柱が有ります。それは製品の品質を支える女性社員の活躍です。女性社員の持つ責任感と正確さがあって初めて宇井精密製作所は世界に誇れる精度の製品を出荷できています。

宇井精密製作所は対外的には「お客様」「社員」「技術」というトリニティ(三位一体)体制で様々な問題を解決し、社内的には「性別」「年齢」「立場」の垣根を越えて協力しています。その宇井精密製作所の社員になるという事は、お客様と宇井精密製作所を繋げる『高度な技術を身に着けた、お客様から頼りにされる人材になる』という事に他なりません。これからも宇井精密製作所は独自の金型技術を駆使し、お客様に寄り添い『技術革新』を支える人と会社で在り続けます。

技術屋の街『あしかが』

宇井精密製作所は足利市に有ります。

足利市は言うまでもなく征夷大将軍足利尊氏を輩出した足利氏宗廟の街です。その足利氏三代目義氏の代、鎌倉幕府執権・北条時頼が「毎年いただく足利の織物をとても心待ちにしている」と語ったと徒然草・第二百十六段には記されています。当時、織物・染め物は第一級の工業製品であり、足利の技術者のルーツはそこに遡る事が出来るでしょう。また日本最古級の学校である『足利学校』も技術・知識の集積地としての役割を担っております。近年話題となりました、「刀匠・堀川国広が足利学校で『山姥切国広』を鍛えた話」などもその証左と言えるかも知れません。

現代の製造業において金型こそが彼の時代の刀剣に等しい物かも知れません。

働く仲間に期待し成長する会社!

 金型設計

日本の金型技術は確かな実績から世界一と認められています。

その中で宇井精密製作所が生産する樹脂加工製品の金型は、精度と品質を求めるため製品の三次元形状は無論の事、成形工程~取り出しまでの金型動作をも考慮した四次元的認識能力を駆使した高度な設計製品です。設計現場でこれまでに蓄積した技術と経験を技術者同士が共有し、助け合い、様々な技術課題を解決しながら若い技術者を育てています。

基本知識:機械製図、切削加工の知識

 金型制作

金型設計図に基づき金型を製作します。宇井精密製作所の金型は高精度・高耐久性がその特徴です。

金型製作はCADデータを基にしてCAM、マシニングセンタ、成形研削盤、型彫り放電加工機、ワイヤーカット放電加工機などの様々な加工設備を駆使して作成します。制作した金型は試験と調整を繰り返し行い、精度を磨き上げてゆきます。

基本知識:機械製図、切削加工の知識

 品質管理

品質管理の仕事は会社の看板を背負う仕事と言えます。製品の品質・精度を守るため歩留まりを管理し、各種測定装置の測定データを金型製作にフィードバックさせ、補正技術を用いた高精度な製品作りに生かしてゆきます。品質管理では配備された最新鋭の三次元測定機のプログラム作成や測定データの管理・分析の為のコンピューター操作など現代の日本企業にとって必須となる技術を磨きます。

基本知識:機械製図、コンピュータの知識

 生産技術

どれほど高性能・高品質の金型が作成されてもそれを適切に使用しなければ品質も効率も高くなりません。生産技術は射出成形機、取り出しロボット、ストッカーなどの生産装置の効率化を図る為の制御プログラムの作成から、取り出しロボットのハンドの設計・制作などデジタルからアナログまで生産現場全般を統括する仕事です。

例えば金型を『楽器』に例えたならば、生産技術の仕事は『演奏者』と言えます。楽器(金型)の手入れは勿論、用意した楽譜(制御プログラム)に合わせより良い演奏(生産)を行うために様々な工夫を行います。

基本知識:機械製図、電気、プログラムの知識。

 監視カメラ

宇井精密製作所の射出成形機は成形の過程を監視するカメラが取り付けられており、成形過程において生じる不良発生の要因を極限まで抑制しています。生産技術の仕事は、射出成形の一つ一つの動作について理解し、監視すべきポイントをカメラに指示する事でバースト的に不良が発生する事を回避させ、結果として歩留まりの向上を実現させます。

募集要項

会社名 株式会社 宇井精密製作所
所在地・就業場所 栃木県足利市助戸新山町1080
業 種 精密プラスチック成形金型の設計・成形品製造
採用条件 雇用形態 正社員/職種:技術職
試用期間 あり:3ヶ月(配属先は試用期間終了後決定いたします。)
募集予定人数 2名(新卒者は2020年3月卒業見込みの方)
就業条件 就業時間 8:00~17:00(休憩時間65分)
休日 社内カレンダーによる週休2日制(その他、年末年始・GW・お盆休み)
年次有給休暇 あり(労働基準法の定めに準ずる)
年間休日日数 114日(2018年実績)
基本給 大卒基本給:190,000円(日給月給制)※ 中途採用の場合、別途応談
その他手当 残業手当、通勤手当、その他(社が定める基本給以外の各種手当)
賞与 あり
加入保険等 雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金・退職金共済
退職金制度 あり:勤続4年以上
定年制 あり:60歳( 再雇用制度あり。65歳まで)
新卒者用住居 あり:利用年限あり
応募条件 最終学歴 新卒 : 大学(大学院)、高等学校、高専、専門学校
中途 :学歴不問(前職における実績を考慮します)
応募書類 新卒 : 履歴書、成績証明書、卒業見込み証明書
中途 : 履歴書、職務経歴書
必要となる資格・免許 普通自動車免許
その他 採用後各工程、業務を経験していただいた上で配属先を決定いたします。

ハローワークに通知済み