金型設備(EDM、WEDM、CNCマシニングセンター)

製品に求められる「精度」「品質」「生産性」に対してお応えできるよう、金型設計製作から金型製作まで一貫して対応しています。熱処理済み金型材料への加工を行うため、高精度、高性能な電気加工機を駆使し、高品質な金型を生産しています。

型彫放電加工機 AQ35LR(SODICK)

各駆動軸にリニアモータを採用し、高速・高精度加工が可能な、放電加工機の性能を最大限に生かした精密微細加工にて各種金型部品を製作します。

ワイヤーカット放電加工機 AP200(SODICK)

油加工液を使用し、Ra=0.2μmの滑らかな加工面粗度のみがきレス金型部品を1μm単位の寸法調整を行いながら製作します。

ワイヤーカット放電加工機<新設> AP250L(SODICK)

微細領域での手ミガキレス・クラックレスに相当する高品位な加工面質を実現し、超精密・超微細加工性能の再現性と生産性を向上。安定した品質の金型製作に活躍しています。

マシニングセンター α-T21F(FANUC)

主軸回転数24000rpmまで対応、型彫放電加工機で使用する微細電極加工を行っています。

超精密な放電加工を実現

放電加工の特徴を生かした弊社独自の「放電加工による電極生成加工」 微細特殊放電加工による、「金型用精密ネジコアピン加工」なども行っています。金型用精密ネジコアピン加工、「放電加工機による製品内ネジ用金型部品加工技術」にて平成28年度、栃木県フロンティア企業の認証を受けました。

電極