無塵化の為の生産技術

posted in: 保有技術 | 0

無塵化要求の背景とメリット

  デジタルカメラを始めとする電子デバイス部品や医療系部品などを中心に、塵埃のないクリーンな部品供給のニーズが高くなっています。

 クリーンな状態の部品を使用することにより、組立歩留りが向上するほか、組立前の「部品洗浄」という工程を省くことが出来るため、お客様での大幅な工数の低減を図ることが出来ます。

クリーンワーク活動

弊社にはクラス10000規格(成形機稼動時の実測2000以下)のクリーンルーム設備がありますが、クリーンルームならば、どのようなものも塵埃のない生産を行うことが出来るのではなく、塵埃の付着をしないようにするための、「気遣い」「心遣い」が必要であることを学びました。

このことを、クリーンルーム設備の無い一般の成形工場内でも展開し、塵埃などの付着の無い、綺麗な製品の状態でお客様へお届けできるよう「クリーンワーク活動」を展開しています。

最小限の工数で最大限の効果

 塵埃の付着防止のため、人の手を介在せずに、カウント・袋詰めまでを一括で行う設備を導入。効率的な生産に取り組んでいます。

 除電対策を始めとする静電気対策や工程ごとにクリーンな状態を維持するためのユニークなアイデアで対応しています。